願望実現やハイパフォーマンス実現のためには、疲労を残さないことが大切です。
そこで今回は、疲労回復のツボ(経絡)を紹介します。
ふとした時や、暇な時に気楽に押すと良いでしょう。
特に、労宮なんかは普段からよく使えるはずです。
ぜひ日常に取り入れてみてください。

労宮(ろうきゅう)

諸説ありますが、労宮とは「心労」や「苦労」がたまる場所と言われています。ですからここをほぐすと疲れが飛んでいきます。
ストレスやイライラを抑える効果もあります。
場所は手の平の中央あたりにあります。

湧泉(ゆうせん)

湧泉は体力や気力を泉のように湧いてくる万能のツボ(経絡)と言われています。よって疲れを吹き飛ばす効果があります。
場所は足の裏の中央から指寄りにあります。人差し指と中指の間あたりです。

太渓(たいけい)

「腎」とつながりがあるツボです。腎は中医学では「生命」や「精力」に関係します。つまり、それらを高めるツボ(経絡)です。
内くるぶしとアキレス腱の間あたりにあります。

以上が、疲労回復に効果的なツボの一例です。
願望実現、ハイパフォーマンスの実現にぜひ活用してみてください。